スマホのセキュリティ対策は必要?理由と対策方法を解説

「パソコンはセキュリティ対策をしているけど、スマホはしていない」

そんな方も多いのではないでしょうか?
しかしスマホもパソコンと同様に個人情報が詰まったデバイスであり、実は身近な情報漏洩が増加しています。
実際に、近年スマホを狙ったウイルスも増加しているため、今こそセキュリティ対策に力を入れたいところです。

そこで今回は、スマホのセキュリティ対策が必要な具体的な理由と対策方法を徹底解説します。

スマホのセキュリティ対策が必要な理由とは

理由①スマホはパソコンと同様にウイルス感染しやすい

皆さん、パソコンと同じようにスマホで日常的にインターネットを利用していることでしょう。
サイト閲覧はもちろん、動画視聴やアプリ利用など、ネットを使って多方面にアクセスしているはずです。
ということは、「ウイルス感染」といったサイバー攻撃を受けるリスクが高まるのは言うまでもありません。

特にスマホアプリに関しては、一見害がないようでもウイルス感染したりユーザーの情報を抜き取ったりと悪意のあるものも存在するので注意したいところです。

理由②スマホには個人情報などの重要なデータが詰まっている

スマホは手軽に持ち歩けるデバイスですが、個人情報などの重要なデータが詰まっています。
それも自分自身のデータだけではなく、あなたの身近な人や仕事関連のデータなど、外部に流出したら問題となる情報も含まれていることでしょう。
それらの重要なデータが外部に流出するリスクを踏まえ、しっかりとセキュリティ対策を行うべきです。

スマホのセキュリティ対策の方法5選!大切なデータを守るには

対策①セキュリティソフトを導入する

パソコンと同じように、スマホにもセキュリティ対策ソフトが存在します。
思わぬウイルス感染のリスクを防ぐためにも、次のようなソフトを導入することをおすすめします。

【Androidのセキュリティソフト】

  • 無料:Avira Antivirus Security、Mobile Security & Antivirus、AVG アンチウイルス for Android スマートフォン など
  • 有料:ウイルスバスター モバイル、マカフィー モバイルセキュリティ、カスペルスキーインターネットセキュリティ for Androidなど

【iPhoneのセキュリティソフト】

  • 無料:Avira Mobile Security、McAfee Security、Lookout(iOS版)
  • 有料:ウイルスバスター モバイル、ノートン モバイルセキュリティ

無料と有料でセキュリティ性能に差があるわけではないため、どちらをお使いいただいても構いません。
ただし無料だと、広告が表示されたり細かい設定ができなかったりと使い勝手の悪いものもあるので、その点だけご留意ください。

対策②公衆Wi-Fiの利用を控える

公共の場所で誰でも自由に使えて便利なフリーWi-Fiですが、パスワード認証がなくセキュリティ対策に不安が残るものも多いです。
例えば暗号化されていないフリーWi-Fiに接続すると、同じように利用している第三者によりネットの利用情報が取得される危険性も。
さらに悪意のある「なりすまし」のアクセスポイントもあり、情報を抜き取られるといった被害に遭うケースも増加しています。

したがって、公衆Wi-Fiにはリスクがあることを意識し、最低限のセキュリティ対策をして正しく利用するよう心掛けてください、

対策③ウェブサービスは二段階認証を設定する

スマホで利用しているサービスには、「二段階認証」の設定を徹底しましょう。
二段階認証の流れは次の通りです。

  1. パスワード等で認証
  2. SMSなどで受信できるコード、生体認証などでもう一度本人確認

例えばTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSや、Amazonなどのオンラインショッピングサイト、PayPayなどの決済サービスなど。
二段階認証をすると、サービスへの不正ログインやアカウントの乗っ取りを防ぐことができセキュリティ対策に非常に有効なので、必ず設定してください。

対策④スマホアプリのアクセス権限を管理する

スマホにダウンロードしたアプリを利用する際に、アクセス許可が求められることがあるでしょう。
許可をするとアプリは与えられた権限内で必要な動作ができるのですが、中には不要なアクセス権限を求めるものも。
例えば音楽アプリが「個人情報」「電話発信」「位置情報」などのアクセスを求めている場合・・・情報を抜き取ったりと悪意のあるアプリである可能性が高いです。

したがって、アプリをインストールする際にはアクセス許可を必ず確認し、アプリの動作に不要なアクセス権限が求められていないかチェックしてください。

対策⑤最新のOSにアップデートする

OS(動作システム)をアップデートすることで、セキュリティ上の欠陥に対処したプログラムを適用することが可能。
つまりソフトウェアを最新状態にアップデートすると、不正アクセスやウイルス感染のリスクを減らすことができます。

まとめ

今回は、スマホにセキュリティ対策が必要な理由と対策方法を一挙ご紹介しました。
今となってインターネットは欠かせないものですし、情報収集やコミュニケーションに非常に便利ですが、あらゆるリスクと隣り合わせ。
考えられる危険性を頭に入れておき、実際に対策に取り組んでいただけると幸いです。
ぜひ参考にして、正しくセキュリティ対策を行いスマホ内の大事なデータを守ってください。